Concrete Charging Machine
スパイラル投入機


コンクリート二次製品の製造工場において、生コンの運搬作業および型枠への投入作業で活躍するフォークリフト搭載用アタッチメントです。バッチャーより供給された大量のコンクリートを小分けして型枠に流し込む際に活躍します。ホッパー底部の傾斜部にスパイラル軸を装備し、その回転駆動により生コンの品質を維持しながら定量排出する独特の機構となっており、昭和50年代の発売以来、多くのお客様にご愛用いただいているロングセラー商品です。




▼本機のリフト搭載方式には、サヤフォーク式とフックオン式があります。サヤフォーク式はフォークリフトを通常のフォーク作業にも兼用した場合に採用して下さい。専らフォークリフトをコンクリート投入用の専用機として使用する場合にはフックオン式をオススメします。

▼フックオン式のスパイラル投入機にはサイドシフト機能が付属しますのでフォークリフトは4弁配管車を、サヤフォーク式はサイドシフト機能が付属しないため3弁配管車をご用意下さい。

▼本機で排出可能なコンクリートは主に中流動コンクリートです。高流動コンクリートには不向きです。

▼バケットの嵩高を変更することで、作業に応じたホッパー容量にアレンジ可能です。標準は0.5立米、0.75立米、1.0立米の3種類です。

▼スパイラル投入機は、標準型に加えて排出口に油圧シャッターとなるタイプ、ホッパーが旋回するタイプなど、様々なアレンジが可能です。




カタログはこちら