ONE-TWO LOADFORK
ワンツーロードフォーク


基本動作

ポジショナー機能

動画
簡単なチラシをご用意して
います。下記をクリックして
下さい。
2005年に新発売されたワンツーロードフォークは、荷役作業の効率化が求められる昨今、その応用性はスピーディーな作業を実現するアタッチメントとして期待が寄せられています。
ワンツーロードフォークは4本のスリムなフォークで構成され、フォークリフトのレバー操作で、それぞれのフォークが左右にスライドし離合集散することによって2本・4本の状態になるものです。
簡単に云えば、フォークを閉じれば1パレット作業用として、フォークを拡げれば2パレット作業用にフォークリフトを変化させてしまうものです。
ワンツーロードフォーク選定時の注意事項
ワンツーロードフォークについて詳しくお知りになりたい方は弊社営業部までメール下さい。

ワンツーロードフォークを装着する際は2パレット作業を考慮して、通常3.0ton以上のフォークリフトを選定して下さい。(取り扱う荷物が軽量の場合は2.5ton系仕様もご用意できます。)

ワンツーロードフォークで1パレットのみの取り扱い作業時には、パレット幅寸法は限定されませんが、2パレット作業時にはパレットサイズは900〜1200mm幅に限定されます。

ワンツーロードフォークにはサイドシフト機能が標準装備されています。(左右各100mm可動)

ワンツーロードフォークのフォークは左右一緒に動く複動型です。そのためサイドシフト機能用 のレバーと併せて4本レバーのフォークリフトをご準備下さい。

デモ機もご用意しております。ご要望の節はフォークリフト販売店を通じて弊社営業部販売課まで フォークポジショナー機能もあります。

ワンツーロードフォークには、フォークポジショナー機能も付随しています。
600〜1060mmの範囲内においては4本のフォークが2本のフォーク状(2本ずつ1組のフォークが左右に振り分けられた状態)のまま、間隔調整が可能です。