UD-500Eポジショナー
減速機のオイル注入手順

ウォーム減速機のギヤオイルは運転開始後2ヶ月で新油と交換して下さい。その後は約1年を目処に交換して下さい。 
まずオイル交換するのに最も楽な姿勢を取ります。
ブームを上昇させ、テーブルを90°傾斜させます。 
減速機の側面に付属する盲栓を六角レンチで外します。 
φ3程度の金属棒を減速機の中に入れ、オイルの状態や量を確認します。(自動車のオイルを確認するのと同じです)
  オイルが不足しているようであれば、漏斗などを利用してオイルを注ぎ足して下さい。
注入するオイルはISO VG460キヤオイルを推奨します。
(例・ENEOS ボンノックSP460)